ここまで多くの人が知財に対して疎遠であることが実に不思議だと思うのです。

なぜなら、ビジネスと知財は切っても切り離せないものだからです。

© EXTERNAL IP DEPARTMENT (EIPD) All rights reserved.